得意のボックス相場、FXのスワップポイントは重要

得意なボックス相場以外でもFXで稼ぎたい

先月の雇用統計後くらいから、売られすぎ買われすぎのポイントを見極めてFXで逆張りトレードをしていますが案外上手くいっていて、ローソク足とテクニカルを見ているだけで反転するタイミングがおおよそわかるようになってきたといっても過言ではないかもしれません。
ローソク足の勢いとRSIを基本に目で追って、具体的な数値というものはなくて目視で直感的に判断しているのですが、今の所は大きく痛い目を見ることもなく順調に続けられていますし、過去のチャートを見ても相場にマッチした取引方法だと思います。

というのも、雇用統計後からは動きが鈍くなっていて月が替わるまでは特別大きな値動きがなくて、ボックス相場に終始していたのが逆張りに適した取引方法でラッキーだったというのもあります。
その分、月初めは大きい指標のラッシュだったせいでボックス相場を生かした取引方法は裏目に出たりもしたから、逆張りでコツコツと稼ぎつつもトレンド相場がきて手法が通じなくなっても取引を休んだり別の手法に切り替えたりして、柔軟なFXをしていこうと色々考え中です。

FXのスワップポイントは重要

FXのスワップポイントはトレードするにあたって重要なものとなっています。
長期トレードなどをするのであれば、なおさら重要なものとなっています。
FXでは外貨預金などをすることができますが、そういった外貨預金をする場合にはスワップポイントが重要となっています。
そして、オススメの通貨としては、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどがオススメとなっています。
これらの国は先進国にも関わらず、高いスワップ金利を提供しているものとなっています。
また、このスワップ金利は決まっているものになりますが、スワップポイントは業者がある程度決めることができるため、通常の額に集客のために多めにスワップを付与しているところもあるのです。
ですので、有利な外貨預金や為替トレードをしようと思う場合には、より条件の良い会社を選んでトレードするのがオススメとなっています。
条件の良いところでトレードすることができれば、安定した収入につながります。

Read More