損切りをするタイミングについて

FXの取引をする場合においてリスク管理というものがとても大事になってきます。なぜならFXの取引をするにおいてどんな優れたトレーダーでもすべての取引で利益を出すことができないからです。そのためいかに取引をしたときに出してしまった損失を小さくするのかが大切になってきますが、基本的に取引をするにおいて必ず損失を最小限に抑えるために損切り注文を出しておきます。これによって仮に自分が予想していた為替の値動きとは違った方向に動いてしまった場合でも最小限に損失を抑えることができます。

そしてFXの取引をするにおいて損切りをするタイミングも重要になってきます。なぜなら損切りをするタイミングが早すぎてしまうと逆に損切りをする必要がない場合でも損切りをしてしまうことになり、本来であれば勝てるはずの取引にも勝てなくなってしまうからです。

逆に損切りをするタイミングが遅くなってしまうと今度は損失の額が大きくなってしまい、今後大きな利益を出さない限りトータルで利益を出すことが難しくなってしまうからです。

そこでFXの取引をする場合、どのタイミングで損切りをすればいいのかというとこれ以上為替の値が動いてしまったら、動きが加速するというような場面です。

具体的には買いでエントリーをする場合は直近の最安値よりも少し下のところで、逆に売りでエントリーをする場合は直近の最高値よりも少し上の部分です。

為替の値は基本的に上昇するときは直近の最高値を更新すると加速して値が上がり、また下落するときは直近の最安値を更新すると下落が加速します。

そのため上記のような場所で損切りをするのが一番ベストであると言えます。

またこのポイントで損切りをしてもそれほど大きな損失にはならないというところも大きなポイントです。そのため仮に2回に1回のペースで為替の値の予測を当てることができれば、ある程度利益を伸ばすことによって十分な利益を得ることができます。

Read More