FX取引の上手な利益確定ポイント

最近、円安が進んでいますが、この円安でかなり儲けたFXトレーダーも多いと思います。私もドル円を102円前半で10枚持っていて、105円まで下落した時に決済しようかかなり迷いました。

よく損ぎりポイントに悩むトレーダーが多いと聞きますが、私は利益確定ポイントの方が悩みます。損ぎりポイントは、いつもポジションを持った価格から直近の安値(ロングの場合)に入れているので迷うことはありませんが、利益確定は、直近の高値やピポットなどを目安にしています。

ただ、複数の移動平均線が緩やかに上昇している時は直近の高値に到達して揉みあっていても少ししたら上昇する場合が多く、移動平均線の角度も参考にしています。

また、大きな上ひげが出た時に利益確定しているトレーダーも多くいますが、緩やかに移動平均線が上昇している時には、あまり上ひげが天井というサインはアテにならないと思います。上ひげが出てもまた上昇していく場合が多く、決済した後に後悔した経験も何回かあります。

色々なFXトレーダーのブログを見ていますと、移動平均線の形が崩れた時、例えば、5日、25日、50日とキレイに並んで上昇している時にはホールドしたまま、5日線が25日線を下回った時に決済とルールを決めている方もいるようです。

確かに、移動平均線が崩れた時に決済すると利益を伸ばせると思いました。もちろん、いつも成功するとは限らず、天井からかなり安い価格で決済して利益が少なくなってしまうこともありますが、この決済方法も参考にしています。

それから多いのが複数枚もっているうちの半分を決済する方法です。よくFX上級者がやっていますが、直近の高値に到達したら複数枚のうち一部を決済、次の直近の高値にきたら一部を決済、残りは持ち続ける方法ですね。

1000通貨単位取引が可能なFX口座なら1万通貨でも複数決済できるし、FX初心者も一度に決済するのではなく、少しずつ決済するクセを身につけると利益を最大限に伸ばし、損は小さくできると思います。

Read More