チャートのパターン分析でFXの取引

チャート分析が重要

為替は上がったり下がったりを繰り返してチャートを形成するので、そんな値動きの中に一定の法則を見出せないかと思ってエリオット波動の本を見ながら主に終値に着目して、パターン分析が当てはまるか否かを捉えられるように神経を使っています。

そうしてチャートを凝視していくうちにこういったパターンを使ってFXをするのもオカルトだけでは片付けられない市場の心理が関係していると気づいて、エリオット波動から取引手法を作り上げていくのも悪くない感じだと思い、移動平均線と組み合わせて独自の手法を確立させようと思ったのです。

それには第2波を形成する期間内でエントリーすることが、値幅を狙うことができて大きな利益を生み出すことに繋がりますが、形成されたと確信できるときは既に第3波に入っているときなのでなかなか良いタイミングをつかむ事が困難ですし、今は第1波の半値あたりを目処にしています。

あとはこの手法が効果を発揮する、トレンドを作りそうな値動きをいち早く察知できることが今の課題かもしれませんが、移動平均線が動きを見せていないときにはエントリーを見送るというルールを作るだけで結構FXで稼げるようになってきました。

急に崖のように落ちてくる

私がFXを体験した時の話ですが、急にドル円が値下がりした状態に遭遇したのです。確かどこかの国が問題を抱えており、それが原因で円高傾向になっていたことを覚えています。この時私は円高の方向で取引を行っており、その時までは損をしていましたが、その状態に遭遇してから一気に利益が増え、あっという間に数倍の金額を手に入れることとなりました。

通貨の問題という部分もあるので、一概に喜んでいいのかどうかは分かりませんが、こうした崖のような転落というのはたまにあることです。その時逆方向で買っていたらどうなっていたかは想像しやすいのですが、その方向の取引を行っていたのはいいことだと思いました。

稀に急変動を起こすことはよくあるので、取引を行う際にはこうした部分をしっかりと把握して、なるべくリスクを減らす方法も考えてください。急に変動する時は損切りが間に合わないこともあります。最悪の状況も想定しつつリスクを軽減する方法を取るべきです。

Read More