FXには自分なりの分析方法が大切

FXの取り引きの分析の仕方は百人いれば百通りあると思います。

なぜかというと、人により取り引きのタイミングがかける通貨や時間なども異なるために、一概にこの分析方法がいいとはいえないものです。

けれど、その分析方法を大きく二つに分けるとテクニカル分析とファンダメンタルズ分析に分けられると思います。

テクニカル分析は、移動平均線やポリジャーバンドなどを生かして、次のローソク足の出方を分析して予想する方法です。

一方、ファンダメンタルズ分析はこれから先の経済予想などをしてそれに合わせた売買のポジションをとるのですが、多くの人は先の見渡せない現在の経済状況では短期間の分析ができるテクニカル分析を使用している人が多いようです。

移動平均線の分析方法では一般的なのが、短期線が長期線を下回ったら売りだとか上回ったら買いだとか、いろいろ入り方はありますが、その短期線や長期線を割り込んだからといってまたすぐに元に戻るいわゆるだましもあるようなので気をつけたいところです。

けれど、自分の感に頼ってポジションを取るよりも、何かしら自分に合った方法の分析をすることはFXを続けていくことにたいして大切なことになります。

初心者のうちは感に頼って、ビギナーズラックもあるかもしれませんが、長く続けていくのなら錯誤しながらも自分なりのルールを決めた方がいいのかもしれません。

最近はシストレもあり自分の感情で迷ってしまいポジションがとれない人にも便利なトレード方法があります。

移動平均線やポリジャーバンドなどが自分のトレードと何だかずれていると感じたら、初期設定のままでなく期間をずらしてみたりなど、いろいろ工夫していくことが効果的なようです。

FXは一年や二年そこらではまだまだ序の口ですので長く続けていけばそれなりにマーケットを読んでいく目が肥えていくかもしれません。

そのためにも、デモ口座だけでなくリアルのトレードをしてトレードの緊張感やメンタルのコントロールをしていくしか上達にはないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>