市場の落ち着いた時間帯が私のFXの主戦場

少しずつFXに慣れてきたこともあって様子見しながら千通貨単位でちょっとずつ枚数を増やしていっていますが、今でも夜中の市場が活発な時間帯はなるべく避けてその前後で短期売買を行うことがほとんどです。

そういった微妙な時間帯なので必然的にレンジ間の戻りを利用したスキャルピングを主に戦略を立てて、重要指標の有無に関わらず安定してレンジを形成することが多いせいかこの手法が結構はまるのでイレギュラーな動きがなければ大きな利益を生み出すこともあります。

ところでなぜ市場の加熱する時間帯を避けてこうした落ち着いている時間にFXをしているかというと、それは私が初心者のころに経験した市場による手痛い洗礼が理由として大きいかもしれません。

よく言われているように欧米の株式市場のオープンしている時間が重なっているときは、為替だけでなくほとんどの金融商品が大きく動くので利幅を狙うには絶好のタイミングとなりますし、私もそれを教えてもらって夜中を主戦場にしていたことがありました。

でもそのころはFXを始めてまだ知識も経験も不十分だったことから月初めの指標のラッシュに翻弄されてわけもわからず、私が保有していたポジションがマイナス方向に傾くのを見つめるしかなかったのです。

今はしっかりと知識を身につけて色々な場面を潜り抜けてきてFXをちゃんと運用できるほどにまで成長したと思いますが、最初にインパクトのある経験をしたことでその失敗が忘れられず今もできるだけ夜中の欧米時間は取引をせずチャートを見るだけにしています。

それでも自分で満足できるほどには利益を出せていますし短期売買が中心だから大きな値幅を掴むロマンはないものの、徹底したルールでタイトな損切りとほどよい勝率を維持できているから、私にはこのやり方が一番やりやすいと感じています。

重要指標の前だと特ににらみ合いが起こっているせいかボラティリティの高い通貨ペアでも発表時刻前までレンジになることが多いですし、欧米時間に参加しなくても指標発表の日は私にとってもチャンスが巡ってくる日だったりするのです。

Read More

デュアルモニターで取引をしているプロのFXのトレーダー

FXのプロのトレーダーの方々は、独特の方法を用いている事が多々あります。個人トレーダーがあまり用いていない方法で、トレードをしているプロの方々は本当に多いと思います。

その1つはモニターです。私は以前に、あるプロのFXのトレーダーが取引をしているデスクを見た事があります。デスク自体はとてもオーソドックスなのですが、パソコンのモニターがかなり特殊だったのを記憶しています。複数のモニターを用いていたのです。1台のモニターではなく、敢えて複数です。

ではなぜ複数のモニターで取引を行っているかというと、恐らく画面の使い分けをしているのではないでしょうか。例えばモニターAに対しては、現在の資金体力を表示させます。もしくは現在保有しているポジションの状況などを、Aに表示させます。それ以外は表示させません。

そしてモニターBに対しては、チャートと呼ばれるグラフを表示させます。ただしチャートにも色々と時間軸がありますね。ここでは、モニターBには1時間足を表示させているとしましょう。そしてモニターCには4時間足を表示させて、モニターDには日足だけを表示させます。更にモニターEに対しては、ニュースの情報だけを表示させるといった具合です。

このように複数のモニターの使い分けをしているプロの方々は、非常に多いそうなのです。つまりデュアルモニターで、取引をしている訳ですね。慣れてくると、確かにその方がやりやすい一面がありますね。もしもデスクの置きスペースに余裕が有る場合には、そのやり方を試してみると良いと思うのですが。

しかし多くの方々は、それはやや困難かもしれません。ですのでFXの業者は、たまに画面分割表示の機能を提供していることがあります。モニターを4つのエリアに分割して表示させて、トレードが行いやすいようになっている訳です。もしも短期売買でFXの取引を行いたいのでしたら、そのような画面分割ができるFXの業者を利用するのが良いと思います。

Read More

FXには自分なりの分析方法が大切

FXの取り引きの分析の仕方は百人いれば百通りあると思います。

なぜかというと、人により取り引きのタイミングがかける通貨や時間なども異なるために、一概にこの分析方法がいいとはいえないものです。

けれど、その分析方法を大きく二つに分けるとテクニカル分析とファンダメンタルズ分析に分けられると思います。

テクニカル分析は、移動平均線やポリジャーバンドなどを生かして、次のローソク足の出方を分析して予想する方法です。

一方、ファンダメンタルズ分析はこれから先の経済予想などをしてそれに合わせた売買のポジションをとるのですが、多くの人は先の見渡せない現在の経済状況では短期間の分析ができるテクニカル分析を使用している人が多いようです。

移動平均線の分析方法では一般的なのが、短期線が長期線を下回ったら売りだとか上回ったら買いだとか、いろいろ入り方はありますが、その短期線や長期線を割り込んだからといってまたすぐに元に戻るいわゆるだましもあるようなので気をつけたいところです。

けれど、自分の感に頼ってポジションを取るよりも、何かしら自分に合った方法の分析をすることはFXを続けていくことにたいして大切なことになります。

初心者のうちは感に頼って、ビギナーズラックもあるかもしれませんが、長く続けていくのなら錯誤しながらも自分なりのルールを決めた方がいいのかもしれません。

最近はシストレもあり自分の感情で迷ってしまいポジションがとれない人にも便利なトレード方法があります。

移動平均線やポリジャーバンドなどが自分のトレードと何だかずれていると感じたら、初期設定のままでなく期間をずらしてみたりなど、いろいろ工夫していくことが効果的なようです。

FXは一年や二年そこらではまだまだ序の口ですので長く続けていけばそれなりにマーケットを読んでいく目が肥えていくかもしれません。

そのためにも、デモ口座だけでなくリアルのトレードをしてトレードの緊張感やメンタルのコントロールをしていくしか上達にはないのかもしれません。

Read More

最適なFXの業者を選ぶ為の2つの方法

FXを始めたばかりの方々は、業者をどこにすれば良いか迷っているケースが非常に多いと思います。現にそれは、ネットでの掲示板を見るとよくお分かりになると思います。

初心者の方々は、FXを始める前に色々情報収集をしています。その際にネット掲示板を用いている方もいらっしゃるのですが、その投稿でよく見かけるものの1つが業者選びです。かなり多くのFXの業者があるので、どこにすれば良いのかが分からないという投稿はよく見かけますね。

では具体的にはどうすれば一番良いFXの業者を見つける事ができるかというと、2つあります。

まず1つ目の方法ですが、比較サイトなどは良いと思います。比較サイトは、書くFXの業者に関する情報が非常に豊富だと思います。一覧表形式で、それぞれのFXの業者の特徴が明示されているからです。

例えば比較サイトの表に業者AとBとCが掲載されていて、それぞれのツール数などが掲載されています。A社の場合は提供しているツールの数が20種類程度で、B社は30種類でC社は25種類といった具合です。もしもツール数の多さを重視しているのでしたら、B社を選ぶと良いでしょう。またそのような比較サイトでは、独自のキャンペーンが実施されているケースもあるのですが。

それと2つ目は、FXの業者の口座を積極的に作って比べる方法です。というのも口座開設には、そもそもリスクが無いからです。FXの会社には、口座維持費用というものがありません。

銀行の口座もそうですね。銀行の口座を持っている時に毎月銀行に対してお金を支払わなければならないかというと、そうではありません。口座を保有している分には、費用は全くかかりません。また口座開設の手続き自体も、もちろん無料です。

まずは各FXの業者の口座をどんどん無料で作って、各社の取引システムに触れてみると良いと思います。実際に触れてみると、各会社のシステムの使い勝手も分かりやすいからです。どんどん口座を作って各業者の比較をするのも良い方法だと、私は思います。

Read More

損切りをするタイミングについて

FXの取引をする場合においてリスク管理というものがとても大事になってきます。なぜならFXの取引をするにおいてどんな優れたトレーダーでもすべての取引で利益を出すことができないからです。そのためいかに取引をしたときに出してしまった損失を小さくするのかが大切になってきますが、基本的に取引をするにおいて必ず損失を最小限に抑えるために損切り注文を出しておきます。これによって仮に自分が予想していた為替の値動きとは違った方向に動いてしまった場合でも最小限に損失を抑えることができます。

そしてFXの取引をするにおいて損切りをするタイミングも重要になってきます。なぜなら損切りをするタイミングが早すぎてしまうと逆に損切りをする必要がない場合でも損切りをしてしまうことになり、本来であれば勝てるはずの取引にも勝てなくなってしまうからです。

逆に損切りをするタイミングが遅くなってしまうと今度は損失の額が大きくなってしまい、今後大きな利益を出さない限りトータルで利益を出すことが難しくなってしまうからです。

そこでFXの取引をする場合、どのタイミングで損切りをすればいいのかというとこれ以上為替の値が動いてしまったら、動きが加速するというような場面です。

具体的には買いでエントリーをする場合は直近の最安値よりも少し下のところで、逆に売りでエントリーをする場合は直近の最高値よりも少し上の部分です。

為替の値は基本的に上昇するときは直近の最高値を更新すると加速して値が上がり、また下落するときは直近の最安値を更新すると下落が加速します。

そのため上記のような場所で損切りをするのが一番ベストであると言えます。

またこのポイントで損切りをしてもそれほど大きな損失にはならないというところも大きなポイントです。そのため仮に2回に1回のペースで為替の値の予測を当てることができれば、ある程度利益を伸ばすことによって十分な利益を得ることができます。

Read More

FX取引の上手な利益確定ポイント

最近、円安が進んでいますが、この円安でかなり儲けたFXトレーダーも多いと思います。私もドル円を102円前半で10枚持っていて、105円まで下落した時に決済しようかかなり迷いました。

よく損ぎりポイントに悩むトレーダーが多いと聞きますが、私は利益確定ポイントの方が悩みます。損ぎりポイントは、いつもポジションを持った価格から直近の安値(ロングの場合)に入れているので迷うことはありませんが、利益確定は、直近の高値やピポットなどを目安にしています。

ただ、複数の移動平均線が緩やかに上昇している時は直近の高値に到達して揉みあっていても少ししたら上昇する場合が多く、移動平均線の角度も参考にしています。

また、大きな上ひげが出た時に利益確定しているトレーダーも多くいますが、緩やかに移動平均線が上昇している時には、あまり上ひげが天井というサインはアテにならないと思います。上ひげが出てもまた上昇していく場合が多く、決済した後に後悔した経験も何回かあります。

色々なFXトレーダーのブログを見ていますと、移動平均線の形が崩れた時、例えば、5日、25日、50日とキレイに並んで上昇している時にはホールドしたまま、5日線が25日線を下回った時に決済とルールを決めている方もいるようです。

確かに、移動平均線が崩れた時に決済すると利益を伸ばせると思いました。もちろん、いつも成功するとは限らず、天井からかなり安い価格で決済して利益が少なくなってしまうこともありますが、この決済方法も参考にしています。

それから多いのが複数枚もっているうちの半分を決済する方法です。よくFX上級者がやっていますが、直近の高値に到達したら複数枚のうち一部を決済、次の直近の高値にきたら一部を決済、残りは持ち続ける方法ですね。

1000通貨単位取引が可能なFX口座なら1万通貨でも複数決済できるし、FX初心者も一度に決済するのではなく、少しずつ決済するクセを身につけると利益を最大限に伸ばし、損は小さくできると思います。

Read More

信託保全には3種類

最近注目を集めているFXトレードですが、人気の秘密は、取引の仕組みが簡単なため、投資にあまり詳しくない人でも行いやすいということでしょう。

しかし、簡単とはいえ、やはり投資であることには変わりはありませんから、リスクは必ずあります。特に、同じく初心者のトレーダーが多いバイナリーオプションと比較してみても、FXトレードはハイリスクハイリターンの投資なのです。

FXトレードを行う際、FX事業者を選ばなければなりません。たとえば証券会社などがそうです。しかし最近は国内のFX事業者よりも海外の事業者を選ぶ投資家が増えてきています。海外FX事業者を選ぶ魅力は、日本に比べてかなり高いリターンを得られるという点です。

ただ、注意が必要です。もしFX事業者が経営破綻に陥ったら投資家の拠出した元手の資金はどうなるでしょうか?単純に考えれば全てパーになってしまいます。そこでこのようなリスクを回避するために、FX事業者が預かった投資家の資金を銀行に預けて、信託保全を行うのです。こうしておけば、万一FX事業者が倒産しても、投資家の元に資金は戻ってくるしくみになります。日本国内のFX事業者の場合、この信託保全が義務づけられていますので安心ですが、海外FX事業者の場合、必ずしも採用しているとは限りません。

また、信託保全といっても種類が分かれており、完全信託保全、一部信託保全、分別保管というようになっています。完全信託保全とは、投資家の資金を全額、銀行などに信託保全しますので、万一FX事業者が経営破綻しても、信託保全された資金は差し押さえの対象になりませんので、投資家の元に全額戻って来ます。一部信託保全とは、それが一部だけ保証されるというもの。分別保管とは、銀行ではなく、FX事業者の中で、会社運営ための資金とただ区別して保管しているというだけで、全額FX事業者が管理することになります。従って万一FX事業者が経営破綻すれば、その資金は債権者によって差し押さえられてしまうことになり、投資家の元には戻ってきません。ですから、海外のFX事業者を選ぶ場合は、この信託保全のシステムがどのようになっているかを必ず調べておく必要があるのです。

Read More

初めての資産運用

最近私は友人の勧めもあって投資を始めました。投資自体は少し前から興味は持っていたので、抵抗なく入ることは出来ました。私の中での資産運用の投資と言えば、まずは株式投資で次に投資信託などの運用しか考えにありませんでした。しかし、先に投資をしている友人に話しをすると、まず初心者は小額の取引からスタートするのが良いと勧められました。そこで私が始めたのがFX取引です。FX取引は、最近主婦の方や学生などインターネットを使って気軽に楽しむことが出来るようになった取引です。私は昔に株式投資の方はした経験があったのですが、色々と現在の投資の事を勉強してるうちに今回はFXの方が魅力があると感じました。FXは為替レートの変動によって、その差益により稼ぎます。現在では少額での取引も出来るようになり、より小額からスタート出来るので友人は私に勧めてくれました。小額でスタート出来る理由としては、レバレッジという小さなお金でも大きなお金を動かせるというシステムがあります。口座の資金を担保として最大で25倍までの金額の取引が出来ます。さらには日本と海外には金利差があり、その金利差を利用して利益を得ることも出来ます。これをスワップポイントといい、より堅実に利益を得る取引方法として人気があります。後FX取引の魅力はは24時間いつでも取引を行うことが出来る事です。日本の株式では日中のみでしかも15時までしか取引は出来ませんが、海外の市場は当然日本時間の深夜でも開いているので、日中が仕事であったり家事で忙しい人でも、パソコンさえあれば気軽に取引を行えます。現在はスマートフォンやケータイでも気軽に取引が出来るので、外出先でも行えるという魅力もあります。この流れで最後は自分なりのスタイルを確立するのが良いと思います。取引スタイルを決めて、目標利益が確保出来ればすぐに確定させるといった短期での売り買いがFXの場合は私は良いと思います。最後は自分のスタイルにあったFX会社を選び、楽しく、上手に取引をする事が良いと思います。

Read More

FXのスプレッド、FXの投資はどのようにして利益を出すのか

FXのスプレッドについて

FXのスプレッドは、各企業によって違います。円ドルなら、一銭を切るスプレッドもある時代となり、競争って凄いなあと正直思います。ドルとかユーロだと、スプレッドがないに等しい時代ですからね。五年前にやっていた頃から較べると、いい時代になりました。デイトレとかスキャルピングが、やりやすい時代ですね。

昔は、デイトレだと、強制的に一日(NYクローズ)で決済される優遇スプレッドでも円ドル1銭は、そうそうなかったです。今は、普通に1銭の時代であり、それを切るケースもありますからね。これも、円高になったことから、FX業者が選別され、ユーザーにとって魅力あるシステムに変更したからでしょう。

けれど、ランドとかトルコリラとかは、未だにスプレッドが高いです。こういうマイナー通貨は、円でなく、ドルとの取り引きが、メジャーです。私は、円と取り引きしていますが、21世紀ですから、ドル口座を持ち、ドルと取り引きしていくのが、時代に応じたやり方なのかもしれません。

FXの投資はどのようにして利益を出すのか

人がお金を増やすための方法はいろいろな方法がありますが、その中の一つに投資があります。投資とは自分が持っているお金を投じてさらにお金を増やすことを言います。投資は自分が働くのではなく、お金に働いてもらうことになるので、不労所得のような形でお金を得ることができます。

そこで投資にもいろいろな種類のものがあるのですが、最近においてFXの投資が人気があります。FXとは外国為替証拠金取引のことをいい、いろいろな国の通貨を交換することによってする投資のことです。

そしてFXの投資はどのようにして利益を出すことができるのかというとまず世界中の国の通貨は日々価格が変動していますが、自分がある通貨を購入して、その後その通貨の価値が上昇することによって利益を出すことができます。
また世界中の国の政策金利はそれぞれ違うので、低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことにより、金利差から生じるスワップポイントを得て利益を出すことができます。

Read More

FXをする目的・おすすめFXトレード

FXをする目的とは

最近では手軽にできる資金を集める方法としてFXの人気が高く、老後の生活の資金を貯める方法としても人気が高いです。FXは為替の状況を分析して稼ぐ方法であり、少ない資金から手軽に始められることが特徴です。

FXをすることで多くのお金を稼げる可能性が高いですが、成功につなげるにはそれなりの時間や経験が必要でありノウハウを学ぶ必要があります。初心者の場合にはノウハウを学ぶにはセミナーなどに参加し、コツをつかむ方法が効果的です。

正しい為替の状況を知るためには新聞やニュースなどで状況をチェックする必要があり、金融関係のニュースの内容を把握する方法が望ましいです。FXを成功するにはノウハウを学ぶことが重要であり、あきらめずにチャレンジする精神力が求められます。

FXは為替の状況を正しく分析し、値上がりや値下がりする時期を適切に読んでから購入する必要があります。成功につなげるには経験を積むことが重要であり、あきらめずに様々な方法を模索することが求められます。

手っ取り早く稼ぐにはFXがオススメ

手っ取り早く稼ぐにはFXトレードがオススメとなっています。

うまく波に乗ることができれば、非常に簡単に稼ぐことができるものとなっています。

FXトレードには多くのトレード手法があり、手っ取り早く多くのお金を稼ぐ方法としては、スキャルピング手法がオススメとなっています。

スキャルピングは超短期トレードとなっており、うまくすれば、超短期で多くのお金を稼ぐことができます。

その理由としては、超短期トレードのため、レバレッジを最大限に活かせるということがあります。

利益が出ていようと、含み損になっていよいと、数秒から数十秒の間に決済してしまうことが多いものになっています。

また、こういったスキャルピングをする場合にはテクニカル分析などを利用するのが必須となっています。

感覚に任せたトレードはオススメはしないです。

しっかりとテクニカル分析やファンダメンタルズを利用してのトレードがオススメとなっています。

場合によってはうまく稼げます。

Read More