FXの縦軸ついて

トレードをするにあたって

トレードするにあたって様々な基準を各々で定めトレードを開始すると思います。
主に今のトレードに関する売買方法はインジケータを使っての売買が本やネットによりたくさん出回っておりますが最も重要なレート(縦軸)の動きに関しては全く知られてません。

本質を理解すれば負けにくくなる

主に値を動かすファンドや機関投資家はレート(縦軸)で売買を行っていると言っても過言ではないと思います。
現在の個人トレーダーの知識はインジケーターによるものがほとんど約9割の人が1年以内に退場させられます
これはトレードの本質が明かされて無いのもありますがインジケーターによるトレードに定着させられており業者もこちらのほうがたくさんの損失者を生みレバレッジというギャンブル要素を漂わせ効率よくお金を稼げるように錯覚させられますがそのような簡単なことでは決してありません。
本質はレート(縦軸)そのものの値動きにあり、はじめたばかりの素人にはとても難しく、理解・経験・学習に渡り会得するにはかなりの努力が必然となります。
が、この本質を理解できたら複雑であるトレードが本質の基準を持って見ることができるため、負けにくくなり無駄なトレードが激減し優位性のある値動きがわかっていきます

相場を動かしているのはあくまで人間である

どのような流れで今の相場が生まれたのか?なぜここで買われなぜここで売られるのか?なぜ自分が買うと下がりなぜ自分が売ると下がるのか?わかりますか?
相場を動かしてるのはあなたと同じ人間です。また人間の心理もあなたと同じです。
それは本やブログに載っているそこらのインジケーターでは察知することは到底できません。
ですが、今でも数多くのFX書籍で書かれていることは初心者の人からすれば教科書にあたりそのような売買を繰り返せばお金が稼げると思わせ多くのレバレッジを賭けメンタルが大事と信じこませロスカットを耐えさせ最後は資金が底をつくのが多くの流れです。
本質である縦軸の知識を知らせることは相場の大口者は個人により思い通りに値を動かせなくなるリスクが少しでも増えることはわかっていると思いますが個人は知る由もありません。

Read More

FXで勝つことは難しい

FXを体験してみましたが継続して勝つことは非常に難しいと思います。まず僕は長期でファンダメンタル等を考えて,たとえばアメリカが利上げするからドル高円安になるのではないか、といった風に考えてトレードしましたが,長期で投資するといつ成果がでるかわからないから忍耐が必要となります。それで途中でポジションを解消してしまったりもしました。また,ポジションを取ったのちに長い間逆に動くこともあるので,その時は自分の読みが正しかったのだろうかと悩むことになり,またポジションを解消してしまったりもしました。またポジションを取ったのちにどの段階でポジションを解消するかも非常に悩みどころだと思います。

次に短期でデイトレードの範囲でトレードしてみたりもしました。最初は勘でこれくらい動いたから次は逆に動くだろうとか,動き始めたからこの流れにのって順張りで行こうとか考えてトレードしましたがたいがいは逆に動いてしまい損をしました。

また次はFX本を読んで本の方法の通りにトレードしてみました。時間帯に関する順張り,逆張りの選択方法や,需給関係を調べれるサイトがあるのでそれを見てトレードする方法などを勉強してトレードしてみしたがうまくいきませんでした。

またテクニカル分析を学び,まあテクニカル分析は使えるかについては意見は分かれますが,それを応用して,トレードしてみましたがこれもうまくいきませんでした。

FXトレードは海千山千の猛者たちがしのぎを削るゼロサムゲームです。そう簡単に勝てるわけがありません。ただ勝つ方法がないわけではないと思います。たとえばFXに関する本を何百冊もよむとか,これに付随してトレーダーの心理に関する本を読み漁るとか,実際に相場を何年にもわたって見続けるとか,努力が必要だと思います。その努力を続けたものだけが勝てる世界なのだと思います。要するに金を稼ぐにはどの世界でも簡単なことはないということだと思います。

Read More

FXとバイナリーオプションとどちらが良いか

FXとバイナリーオプションとでは初心者にはどちらが良いかですが、リスクに関してはバイナリーオプションの方に軍配が上がります。バイナリーオプションは損失限定ですから、FXだと損切りしないと損失がどんどん膨らむ恐れが有り、損切り出来ない人にはとても向いていないです。それで初心者のうちは為替の値動きになれる意味でバイナリーオプションでトレーニングをしてみるのもいいかも知れません。ただ本格的に稼ぐとなればバイナリーオプションよりもFXの方が断然いいです。バイナリーオプションは顧客の儲けは業者の損ですから条件的に業者が有利になっています。例えば基準価格に一番近い水準の上下でしたら、オプションの値段設定が4回に1回外れたら儲けが無くなる値段です。そんな水準の値段でしたらかなり当て続けないと儲かりません。そしてレンジがオプションは安くなっていきますが、当然当たりにくくなり、ペイアウトも上限が有るから利益も限定的になります。そんなわけでバイナリーオプションで儲かるのは運が良いか上級者でないと無理でしょう。それに今ではFXも千通貨から業者によっては100通貨から取引出来るところが有りますから、少額でリスクを抑えさえすればFXの方が堅実なトレードが出来る分バイナリーオプションより有利に投資が出来ます。海外のバイナリーオプションの業者なら、日本の規制は関係ないし、利益率も良いから海外の業者の所でバイナリーをやればいいとの意見も有りますが、海外の業者は別の方でリスクが高いです。別の方とは海外の業者も儲けるためにやっていますから、儲けるために詐欺までやるぐらいでして、儲かった人が出金出来ないとの被害報告が上がってきているくらいです。日本人が詐欺で海外のバイナリーオプションのサイトを作ってお金を集めたりしてるくらいですから、海外の業者は危険過ぎますから、例え儲かる仕組みだろうと手を出さないようにすることです。バイナリーオプションが儲かるなら。普通にFXやった方が儲かりますから、FXをやることです。

Read More

FXの長期売買では各社の金利に着目

FXは、もちろん利益を目指す商品になります。どうすれば利益になるかというと、その1つが外貨の金利です。
日本の金利は、現在ゼロ%に近いですね。世界的に見ても、かなり低い水準になります。アメリカなどもかなり低い金利になっていますが、日本ほど低くはありません。
このため日本の銀行に預けても、あまり多くの利息が生じません。むしろかなり低い金額ですので、それにネックを感じている方々も多数見られます。
それに比べて海外の一部の地域は、それがかなり高めになっているのですね。現在ではニュージーランドや南アフリカランドなどは、かなりそれが高めです。
ですので日本の円をそれらの国の外貨に両替して、利益を目指す方法もあるのです。いわゆるスワップ狙いですね。

ところでFXの専門的な会社は、沢山あります。日本だけでもすでに30社程度の会社がありますし、海外にもまた多数の会社がありますね。
全て合わせれば、100を超えると思います。その中から自分にとって最適な所を選ぶ必要があるのですが、その基準の1つが上記の金利なのです。
というのも発生する金利は、会社によって違いがあるのです。

ちょっと極端な例ですが、ある国の外貨の買い注文をした時の1日あたり発生する金利額が10円だとしましょう。
ところが、会社によってそれが異なる事があるのです。A社の場合は10円なのですが、B社の場合は11円などの具合です。
なぜこのような事が起きるかと言うと、手数料の問題があります。
実は各会社は、金利から手数料を差し引いています。つまりA社の場合は、ちょっと手数料が高めという事になります。
そして1円分の差は、決して軽視できません。1日だけであれば1円分の差になりますが、毎日積み重なれは軽視できない金額になるからです。365日となると365円分もの差が生じるでしょう。
枚数が多ければ、もっと多くの差が生じるものです。
ですのでFXで長期売買を考えているのであれば、各社の近隣の違いに着目してみると良いでしょう。比較サイトなどを見てみると、比べやすいと思います。

Read More

機能がとても優れているFXのMT4

FXでの売買の為には、ツールの充実度は大切です。やはりツールが充実している方が、値動き分析なども行いやすくなるものだからです。将来的な自分の利益にも大きく関わってくるのですから、できるだけ良いツールを使いたいものですね。

特に短期売買を行っている方々などは、その充実度はかなり大切だと考えられます。スピーディーに売買を行う為には、値動きが的確に分析できる方が良いものなのです。

ではどのようなツールならばオススメかというと、MT4などは良いと思います。そのツールは、いわゆるフリーソフトの1つになります。海外のあるプログラマーの方が開発した、とても有名なソフトですね。

MT4の一番大きな特徴は、分析用のツールの機能が非常に優れている点です。例えばツールの種類数などは、他の追随を許さないというほどのレベルを誇っています。あれだけ多くの種類が完備されているツールも、本当に珍しいと思いますね。

またその分析用のツールの中には、かなりマニアックなものもあります。FXの業者というのはそれぞれ分析用のツールを完備しているものですが、提供しているものは比較的メジャーなタイプですね。それに比べると、MT4のツールの中にはかなり珍しいものもあるのです。中には世界のプログラマーの方が開発した、独自のツールなどもあります。使い方は少々難しいですが、慣れればかなり使いやすいという意見もあります。

それとMT4の場合は、動作が非常に軽快ですね。業者が提供しているツールも悪くはないのですが、サーバーの軽快さに左右される一面があります。サーバーが重いと、せっかくのツールが効果を発揮してくれない事があるのです。それに比べればMT4の場合、かなり動作が安定しています。ですのでFXのトレーダーの方からは、MT4というツールに対する評価はかなり高いですね。

ですので高機能なツールを使いたいと考えているのであれば、MT4というソフトを導入してみると良いでしょう。

Read More

FXの会社からメールで嬉しくなった私

つい先ほど、私はあるFXの会社からメールが届きました。私がすでに口座を持っている会社から、それが届いているのです。

どのようなメールだったかというと、注文が成立したという内容でした。実は私はすでにその会社で、指値の注文を行っていたのです。確か注文を行った日は、今から1週間ほど前だったと思います。利益を確定させるための指値の注文を入れていたのですね。

ただその注文が、なかなか成立しませんでした。外貨の価格というのは、必ずしも自分の思い通りに動くものではありません。時には自分の考えているイメージと、全く違う動きをする事もあるのです。ここしばらくは、ちょっとイメージ外の動きが発生していた事になります。

ところがつい先ほどその会社からメールが届いていて、利益が発生しました。あまり大きな利益額ではありませんでしたが、少なくともそれは私のイメージ通りになっていたことの証明です。しばらくの間はイメージ外だったのですが、機関が経過すれば値動きなどは大きく異なってくるものですね。FXの興味深い一面の1つです。

そして私がそのメールを受け取った時の心境なのですが、ちょっと嬉しくなりました。自分の考えている方法が間違っていないと証明されたので、何となくFXの会社から評価されたようにさえ思いました。実際は評価されていないと思うのですが。

そして少なくとも、私はFXという商品によって嬉しい気持ちになっている事だけは確実です。私がその投資商品で売買を行っていなければ、まず間違いなく嬉しい気持ちを満喫できなかったと思いますね。

つまり、それがFXのメリットの1つです。私に限らず、トレーダーの方々の中には会社からのメールで嬉しい気持ちになっている方も少なからずいらっしゃると思います。嬉しくポジティブな気持ちになる訳ですから、やはりその商品はとても良いと思いますね。人生の楽しみが1つ増えるとも思います。

少なめな資金でも売買ができる商品ですし、人生の楽しみを増やす意味でもどこかで口座を作ってみると良いと思います。

Read More

初心者が注意しなければならないFXのリスク

FXは、リスクが付きまといます。だからこそ、FX業者は、デモシステムを作っています。

説明において、まずデモンストレーションのシステムで学んでくださいとあるのは、そのためです。FXの投資資金の金額が、あっという間に半分になる事は、ザラにあります。正直、FXの説明は、非常に長く難しいです。やって見て学ぶ方が、早いです。失敗して学んんだらいいという人は、実際に体験して失敗したらいいでしょう。

しかし、一般人は、FXによる損失を避けたいと思うのが、普通でしょう。そういう方は、絶対にデモンストレーションの体験をするべきに思います。

仮にプラスになっても得をする事はありませんが、損をする事もないため、安心してFXを学ぶ事が出来ます。FX会社によっては、そのランキングを競い、商品をくれるFX会社まで存在します。FXで最も大きなリスクは、強制ロスカットです。それを防ぐために損切りを覚える事も大切ですが、あまりレバレッジを掛けないという方法で避ける事も出来ます。

強制ロスカットルールは、結局、FX会社が、投資家の損失をカバーする必要性を生じさせないために作られたルールです。

FX投資家の口座残高が、仮にマイナスになれば、FX会社が、お金を立て替えているという状況に陥ります。そうなると、資金回収に人手が掛かります。

それを避けるためにロスカットルールがあるのです。為替の値動きは、急激です。こないだのフランのような値動きを示す場合もあります。

だから、強制ロスカットは、FX投資家がマイナスになる事はないように設計されています。このルールを解かっていないと、まだ大丈夫だと思っていたのに、ポジションが強制的に解除されているという事に繋がりかねません。勿論、強制ロスカットにならなくても、自分の想定と逆方向に為替が進めば、大損失に繋がります。

為替は、穏やかな感じだなと思っていると、急激に値動きが荒くなったりしますので十分な注意が必要です。特に、経験がない人は、世間で言うしょぼめの取り引きに従事した方が、無難です。

Read More

果たしてFXの業者の方は出張をするか

金融業界の方々は、出張を行っている事があります。それも顧客の自宅に対して、出張を行うのです。

例えば、融資商品などでは出張している事がありますね。というのも顧客の中には、ちょっと延滞が発生している事もあるのです。いわゆる支払い遅れですね。

融資商品の会社としては、もちろん遅れてしまうのは大変困ります。ですので督促の為に、顧客の自宅に出張している会社もある訳ですね。代金回収の為の出張という訳です。

そうかと思えば銀行なども、たまに出張を行っているそうです。というのも銀行には書面を提出しなければなりません。その書面に不備があった時には、やむを得ず顧客の自宅に出張する場合があります。

このように金融業界の従業員の方々は、しばしば出張を行う訳ですね。そしてもちろんFXという商品も、金融業界のものです。ではその商品を提供している業者は、果たして顧客の自宅に訪問をするような事はあるのでしょうか。

まずありませんね。というのもその投資商品の場合は、基本的に出張する意味が無いからです。もしも書類に不備があった時には、再提出を依頼すれば良いだけの話です。わざわざ顧客の自宅に訪問をする必要も無い訳ですね。

またその投資商品には、ロスカットと呼ばれるシステムがあります。損失がある程度拡大しないように、自動的にそれが発動される訳です。

投資商品によっては、たまにロスカットが発生しないものもあります。それで金融会社に対する負債が発生してしまう事もあるのですね。いわゆる追証です。

ところがFXの場合は、追証が発生する事自体極めて稀です。原則としてロスカットが発動されますので、金融会社に対する負債が発生する事はほとんどない訳ですね。負債が発生しなければ、もちろん顧客の自宅に訪問をする事も無いでしょう。

ですのでFXという金融商品を提供している業者の担当者は、自宅訪問を行っていることはまず無い訳です。他の金融商品に比べると、「出張が発生しない」のがFXの特徴だと考えます。

Read More

円の関わるペアからの脱却

FXは通貨同士の取引なので、必ず二つの通貨を使います。日本人なのでやはり円が関わった通貨を

取引していると思いますが、必ずしもそうでなければいけない訳ではありません。通貨の世界には

国境はないので、状況によっては円を絡ませない方が良い事もありますね。

日本人ですから、世界の事に比べると日本の事の方が良く知っているでしょう。それは通貨に関わる事柄

も同じです。良く知っている方が有利に決まっているだろう、と思うでしょうが、FXの場合あり過ぎの

情報では逆に成績を落とす事にもなりえます。

何故なら、通貨は相当の広さがある世界なので、一国の事であってなお全てを把握するなんて事は

出来ません。しかも、全ての情報が赤裸々に出てくるわけではないので、その意味では世界のニュースを

見ていようが、日本での景気だった経済、税金などを実感していたりしようが、あまり変わりはない

んですよね。普通知りえない情報を使って取引したりすると、違う問題も出てきますし。

今現在は日本の金利が0,1なので、買いで入れば有利ですが、売りだとどことペアであっても不利気味

な傾向があります。デイトレードしかしないのであればそこまで関係も無いですが、買いしか使えない

という事も出てくるので、少し躊躇がありますよね。

その時によって変わるのは当然ですが、ドルユーロのペアだと売り買い使いやすいですし、トレンドがでれば

素直について行けるので、あまり状況を選ばないメリットが出てきます。金利は安ければ安い方が良い、

とはFXは特に言えない側面があります。

円を絡ませない場合にどうやって取引するのかは、ドルやユーロに一度変えて、と言う工程が入りますが、

手数料のようなものはあまり気にする必要もありません。やっている事は全く同じなのですから。

勝てないと言うのであれば、円ペアでひたすら練習が良いでしょうが、もう利益を取れるようになったの

なら、わざわざ円ペアに拘る必要はありません。金利の安さがネックになって可能性を狭める事もあり得る

からです。

まぁ勝ち続けているなら今のままでも良いと言えばそうなんですけど。あくまで取引の、幅、の話ですね。

Read More

自分がうまくいったトレード

お金を安全に増やしたい、大切なお金を失いたくないというのは誰でも同じです。

FXはレバレッジをかけられてたくさん買う事ができるという特徴があります。

 

私はレバレッジをあまりかけた取引をしていません。FXを始めて2年ぐらい経ちます。

初心者のときにしていたトレードは、まずはスワップ狙いです。1000通貨を1枚買います。

買う通貨は豪ドル円で、理由は高金利通貨だからです。1日に7円らいのスワップがもらえます。だから、損をして怖いという気持ちがカバーできます。逆行しても損切りしずに、スワップだけをもらい続けます。私が始めたときは円高相場で、豪ドルは80円をうろうろしていました。レートの適正価格が80円ぐらいだなあと思い、80円の位置で注文をいれながら値上がりするのを待っていました。

 

3円逆行したことがありますが、1000通貨1枚なので、3000円の損で済みます。ずーっと持ち続けていて1年ぐらい経った頃に動きが出て90円を目指すようになりました。

そこで、スワップ益と為替差益を得て無事決済です。1万円ぐらい儲かりました。もし、レバレッジをかけて買いすぎていたらロスカットになっていたと思います。

欲張らずにのんびりのトレードをしたことで、無事利益をあげることができました。あとは、得た利益の使い方をどうしようかと悩みました。次に考えたトレードは含み益を活かしたトレードです。30万円資金が振り込みしてあるので、5万通貨ぐらい買う事ができます。儲けた1万円以内の間で多少リスクをとってみようと思い、ナンピンのトレードをしました。逆ピラミッティングで、10PIPS逆行するたびに、1枚2枚と増やしていきます。

 

そして50PIPS逆行したところで損切りです。1回失敗すると3000円の損です。設けた金額が1万円なので3回挑戦できます。私は、トレンド相場でこれを使いました。ナンピンして、トータルがプラスになったところで決済しようとやってみました。これがうまく行きました。1万円以上の損を出さないように続けた結果、10万円近く増やすことができました。私は、まず間隔をあけてナンピンして強制的に含み益を作って、それ以上の損を出さないトレードが自分に合っていると思っています。

Read More