チャートを利用したFXの取引手法

FXは、チャートを利用した取引手法が一般的となっています。

その中でも、主にトレンド系とオシレーター系と呼ばれる二つの手法が非常に人気の高い取引手法なのです。

為替相場は、基本的に大きな流れによって成り立っています。

この流れを作っているのはトレンドというものです。

これは、チャートの移動平均線というツールを利用すれば簡単に理解できます。

移動平均線というのは、チャートの変動を何日かに区分して表示したツールで、現在の為替相場がこの移動平均線の上を行っているのかそれとも下を行っているのかでこれからの相場の動向がわかるようになります。

例えば、移動平均線の上を相場が変動しているときには上昇トレンドと言って、相場の動きが強気に働いていることがわかります。

上昇傾向にありますので、投資家としても強気で通貨を売買することができますので、非常にわかりやすい指標と言えます。

逆に、移動平均線の下を相場が行っているときには、下降トレンドといいます。

相場全体の流れが弱気になっていますので売りが加速し、底値を見極めながら取引をしなくてはいけないので下手をすればそのまま相場が下がっていくこともあるのです。

トレンド系は移動平均線で相場が反発するかしないかを見極めることによって比較的簡単に取引のタイミングを掴めることができますので、初心者でもわかりやすい手法だと言えます。

そして、トレンド系とは反対にオシレーター系の手法というのはこうした流れで相場を見るのではなく、その時々の相場の状況によって売買を行うことを言います。

何を参考にするのかというと、通貨が買われすぎてないか、それとも売られすぎていないかを見るのです。

オシレーター系は、現在の相場が通貨に対して間違った判断をしていないかを見ていくことになりますので、短期的な取引に非常に向いています。

タイミングが掴めればレバレッジで一気に大きな勝負ができますので、短期で大きな利益を掴むことも夢ではありません。

どちらを利用するにせよ、チャートのこうした使い方は取引において非常に重宝することになります。

Read More

2つの方法でFXの良書を入手

FXを始めたばかりの初心者の方々は、入門書を探している方々が多いようです。FXという金融商品に興味を持っているものの、今ひとつシステムがよく分からない方もいらっしゃる訳です。そこでその商品を勉強する為に、良い書籍をお探しの方もいらっしゃる訳ですね。現に私もそのような時期があったので、その気持ちはよく分かります。

ただ本を選ぶのは、ちょっと難しい一面があるのも確かです。ご存知のように書店に陳列されている書籍は、非常に数が多いですね。余りにも多いので、その中から自分に良さそうなものを選ぶとなるとちょっと大変な一面があるのも確かです。このため入門書を探している方々は、しばしばインターネットの掲示板に「おすすめの本を知りたいです」などと投稿している事があるのですが。

ではどうすれば良い訪問入手できるかというと、私は個人的には比較サイトが良いと思います。というのもFXの比較サイトでは、たまに入門書がプレゼントされるキャンペーンを実施している事があるのです。

例えば比較サイトの所定箇所をクリックして、口座開設を行ったとしましょう。キャンペーン期間中にクリックして口座開設が完了すると、入門書などがプレゼントされるケースがしばしばあります。

しかもその本のクオリティーは、かなり高いそうです。FXの業界では著名な方によって書かれている本ですので、とても多くの事を勉強できると思います。ですのでFXという商品で入門書を探している時には、まず比較サイトを利用してみると良いでしょう。

もしくは、オンライン書店で口コミ情報を見てみるのも良いと思います。オンライン書店では、実際に本を購読下方による感想文が投稿されているケースがありますね。いわゆる商品レビューです。その商品レビューなども、FXの入門書を選ぶ為にはとても参考になります。

ですのでFXを始める為に入門書を探しているのでしたら、比較サイトをもしくはオンライン書店を利用するのが良いと思います。

Read More

市場の落ち着いた時間帯が私のFXの主戦場

少しずつFXに慣れてきたこともあって様子見しながら千通貨単位でちょっとずつ枚数を増やしていっていますが、今でも夜中の市場が活発な時間帯はなるべく避けてその前後で短期売買を行うことがほとんどです。

そういった微妙な時間帯なので必然的にレンジ間の戻りを利用したスキャルピングを主に戦略を立てて、重要指標の有無に関わらず安定してレンジを形成することが多いせいかこの手法が結構はまるのでイレギュラーな動きがなければ大きな利益を生み出すこともあります。

ところでなぜ市場の加熱する時間帯を避けてこうした落ち着いている時間にFXをしているかというと、それは私が初心者のころに経験した市場による手痛い洗礼が理由として大きいかもしれません。

よく言われているように欧米の株式市場のオープンしている時間が重なっているときは、為替だけでなくほとんどの金融商品が大きく動くので利幅を狙うには絶好のタイミングとなりますし、私もそれを教えてもらって夜中を主戦場にしていたことがありました。

でもそのころはFXを始めてまだ知識も経験も不十分だったことから月初めの指標のラッシュに翻弄されてわけもわからず、私が保有していたポジションがマイナス方向に傾くのを見つめるしかなかったのです。

今はしっかりと知識を身につけて色々な場面を潜り抜けてきてFXをちゃんと運用できるほどにまで成長したと思いますが、最初にインパクトのある経験をしたことでその失敗が忘れられず今もできるだけ夜中の欧米時間は取引をせずチャートを見るだけにしています。

それでも自分で満足できるほどには利益を出せていますし短期売買が中心だから大きな値幅を掴むロマンはないものの、徹底したルールでタイトな損切りとほどよい勝率を維持できているから、私にはこのやり方が一番やりやすいと感じています。

重要指標の前だと特ににらみ合いが起こっているせいかボラティリティの高い通貨ペアでも発表時刻前までレンジになることが多いですし、欧米時間に参加しなくても指標発表の日は私にとってもチャンスが巡ってくる日だったりするのです。

Read More

デュアルモニターで取引をしているプロのFXのトレーダー

FXのプロのトレーダーの方々は、独特の方法を用いている事が多々あります。個人トレーダーがあまり用いていない方法で、トレードをしているプロの方々は本当に多いと思います。

その1つはモニターです。私は以前に、あるプロのFXのトレーダーが取引をしているデスクを見た事があります。デスク自体はとてもオーソドックスなのですが、パソコンのモニターがかなり特殊だったのを記憶しています。複数のモニターを用いていたのです。1台のモニターではなく、敢えて複数です。

ではなぜ複数のモニターで取引を行っているかというと、恐らく画面の使い分けをしているのではないでしょうか。例えばモニターAに対しては、現在の資金体力を表示させます。もしくは現在保有しているポジションの状況などを、Aに表示させます。それ以外は表示させません。

そしてモニターBに対しては、チャートと呼ばれるグラフを表示させます。ただしチャートにも色々と時間軸がありますね。ここでは、モニターBには1時間足を表示させているとしましょう。そしてモニターCには4時間足を表示させて、モニターDには日足だけを表示させます。更にモニターEに対しては、ニュースの情報だけを表示させるといった具合です。

このように複数のモニターの使い分けをしているプロの方々は、非常に多いそうなのです。つまりデュアルモニターで、取引をしている訳ですね。慣れてくると、確かにその方がやりやすい一面がありますね。もしもデスクの置きスペースに余裕が有る場合には、そのやり方を試してみると良いと思うのですが。

しかし多くの方々は、それはやや困難かもしれません。ですのでFXの業者は、たまに画面分割表示の機能を提供していることがあります。モニターを4つのエリアに分割して表示させて、トレードが行いやすいようになっている訳です。もしも短期売買でFXの取引を行いたいのでしたら、そのような画面分割ができるFXの業者を利用するのが良いと思います。

Read More

FXには自分なりの分析方法が大切

FXの取り引きの分析の仕方は百人いれば百通りあると思います。

なぜかというと、人により取り引きのタイミングがかける通貨や時間なども異なるために、一概にこの分析方法がいいとはいえないものです。

けれど、その分析方法を大きく二つに分けるとテクニカル分析とファンダメンタルズ分析に分けられると思います。

テクニカル分析は、移動平均線やポリジャーバンドなどを生かして、次のローソク足の出方を分析して予想する方法です。

一方、ファンダメンタルズ分析はこれから先の経済予想などをしてそれに合わせた売買のポジションをとるのですが、多くの人は先の見渡せない現在の経済状況では短期間の分析ができるテクニカル分析を使用している人が多いようです。

移動平均線の分析方法では一般的なのが、短期線が長期線を下回ったら売りだとか上回ったら買いだとか、いろいろ入り方はありますが、その短期線や長期線を割り込んだからといってまたすぐに元に戻るいわゆるだましもあるようなので気をつけたいところです。

けれど、自分の感に頼ってポジションを取るよりも、何かしら自分に合った方法の分析をすることはFXを続けていくことにたいして大切なことになります。

初心者のうちは感に頼って、ビギナーズラックもあるかもしれませんが、長く続けていくのなら錯誤しながらも自分なりのルールを決めた方がいいのかもしれません。

最近はシストレもあり自分の感情で迷ってしまいポジションがとれない人にも便利なトレード方法があります。

移動平均線やポリジャーバンドなどが自分のトレードと何だかずれていると感じたら、初期設定のままでなく期間をずらしてみたりなど、いろいろ工夫していくことが効果的なようです。

FXは一年や二年そこらではまだまだ序の口ですので長く続けていけばそれなりにマーケットを読んでいく目が肥えていくかもしれません。

そのためにも、デモ口座だけでなくリアルのトレードをしてトレードの緊張感やメンタルのコントロールをしていくしか上達にはないのかもしれません。

Read More