チャートのパターン分析でFXの取引

チャート分析が重要

為替は上がったり下がったりを繰り返してチャートを形成するので、そんな値動きの中に一定の法則を見出せないかと思ってエリオット波動の本を見ながら主に終値に着目して、パターン分析が当てはまるか否かを捉えられるように神経を使っています。

そうしてチャートを凝視していくうちにこういったパターンを使ってFXをするのもオカルトだけでは片付けられない市場の心理が関係していると気づいて、エリオット波動から取引手法を作り上げていくのも悪くない感じだと思い、移動平均線と組み合わせて独自の手法を確立させようと思ったのです。

それには第2波を形成する期間内でエントリーすることが、値幅を狙うことができて大きな利益を生み出すことに繋がりますが、形成されたと確信できるときは既に第3波に入っているときなのでなかなか良いタイミングをつかむ事が困難ですし、今は第1波の半値あたりを目処にしています。

あとはこの手法が効果を発揮する、トレンドを作りそうな値動きをいち早く察知できることが今の課題かもしれませんが、移動平均線が動きを見せていないときにはエントリーを見送るというルールを作るだけで結構FXで稼げるようになってきました。

急に崖のように落ちてくる

私がFXを体験した時の話ですが、急にドル円が値下がりした状態に遭遇したのです。確かどこかの国が問題を抱えており、それが原因で円高傾向になっていたことを覚えています。この時私は円高の方向で取引を行っており、その時までは損をしていましたが、その状態に遭遇してから一気に利益が増え、あっという間に数倍の金額を手に入れることとなりました。

通貨の問題という部分もあるので、一概に喜んでいいのかどうかは分かりませんが、こうした崖のような転落というのはたまにあることです。その時逆方向で買っていたらどうなっていたかは想像しやすいのですが、その方向の取引を行っていたのはいいことだと思いました。

稀に急変動を起こすことはよくあるので、取引を行う際にはこうした部分をしっかりと把握して、なるべくリスクを減らす方法も考えてください。急に変動する時は損切りが間に合わないこともあります。最悪の状況も想定しつつリスクを軽減する方法を取るべきです。

Read More

FXと金利の深ーい関係

FXと金利は相関関係にある

投資にはやるだけで勝手に付いてくる、特典、のような物が大体ありますが、FXではそれがスワップポイントになります。金利差で優劣をつけるやり方なんですが、こと日本に置いては金利上で有利になっています。
と言うのも、スワップがあるためにFXは金利が低い国の方が有利になります。政策金利で言えば、日本より
低い国と言うのは今の所ありません。凄くざっくり言えば、日本0,1でブラジルの8,1を取引すると、8%もの金利がスワップで貰えるんですよね。これってかなり凄い事です。
ただしこれはリスクでもあります。逆に日本の方が高くなってしまえば、今度は払う必要が出てきます。日本がバカ高くなるかどうかは分かりませんが、金利は常に変動していくので忘れる訳にはいきません。勝ち負けに直結してくる要因です。

金利はFXには外せないので、常に追いかけなければなりませんが、日本にいる場合はメリットだと言えます。
FXと金利は、これからの状況によってはリスクにもなりえる、嬉しいような心配なような付き合いの難しい間柄です。計算とかちょっと面倒ですが、毎日チェックとかした方が良いですよ。

海外FXのレバレッジ400倍の感想

通常日本のFX会社ですと、レバレッジは最大25倍までですが、海外のFX会社で口座を開設して取引をすれば、最大で400倍のレバレッジでトレード出来ます。

そこで25倍じゃ物足りなくなった自分は、400倍のレバレッジでトレードするために、海外のFX会社で口座を開設しました。そして400倍でトレード開始。1回のロスカット幅を、証拠金の半分になるよう調整しエントリー。25倍のトレードでも緊張しながらトレードしていたのに、400倍でのトレードは動く損益の数字が大き過ぎて、精神的に普通じゃいられない感覚でした。結局大きく勝ったり負けたりで、精神的に負担が大きいと判断し、400倍の口座から資金を全て引き上げて撤退しました。25倍でも自分の資金よりも大きい金額でトレード出来るので、25倍が丁度いいと思います。400倍のトレードはギャンブルの感覚にすごく近いかもしれません。そもそもそんな状態でトレードを続けても恐らく勝ち続けるのは無理ですので、早急にやめれて良かったと思います。もう二度とレバレッジ400倍はしません。FXでギャンブル感覚でやりたい方には良いですが、資産を築きたい方にはオススメしません。

Read More

ポジションサイズの増やし方/スキャルピング

ポジションを増やすにもコツがいる

初心者は実力がつくまでは少ない通貨量でトレードするのが良いです。初心者がいきなり何十万、何百万円も資金を投入し、レバレッジ25倍でトレードをして運良く勝ってしまうと勘違いをしてトレードをなめてしまい、その後も同じ通貨量でトレードを繰り返し、実力が無さが表れて負け始めてくると当然損失の額も大きくなるため、資産は減り始めます。自分のトレードの実力がしっかりつくまでは、デモトレードと手法の検証からスタートし、実戦に移っても小ロットで初めて徐々に通貨量を増やしていくのが良いです。またこの方法だと、通貨量が実力に伴った大きさになるため、常に冷静な状態で実戦トレードが出来きます。自分にとって大きすぎるポジションサイズは冷静さを欠き、的確な判断が出来なくなります。徐々に通貨量を増やしながら精神的に慣れることが大切だと思います。やはりFXトレードは、常に自分の身の丈に合った通貨量でトレードするのがベストだと思います。

スキャルピングを利用したトレード

スキャルピングを利用したトレードは非常にオススメのものとなっています。

超短期トレードなので、リスクなども低く、初心者にも利用してもらえるものとなっています。

利益があろうと損失があろうと、超短期間でトレードを完結させるので、大きな損失などにならないので、初心者にもオススメのトレード方法となっているのです。

また、勝率の高い手法やテクニカル分析をマスターすれば、コンスタントに利益を積み重ねることも可能で、1日に数十万円稼ぐことも可能となっています。

そして、トレードを行なう場合にレバレッジなどをかけることで、さらに数倍から数十倍の利益を得ることも可能です。

また、レバレッジは通常はリスクのあるものになるのですが、スキャルピングの場合には短時間でのトレードが基本になるので、大きな損失にもつながらないため、レバレッジも最大限に利用することができるようになっています。

FXトレードをする場合には積極的にスキャルピングを活用するのも良いです。

Read More

FXで儲けることについて/ロスカットの恐怖

FXで金儲け

FXで儲けるには、それなりのリスクが生じますが、レバレッジをあげすぎなければ怖れることもありません。

ロスカットを最初に設定しておくなど、場当たり的なトレードをしなければ良いわけです。

相場は予想以上に大きく動くこともありますので、最初から想定に入れておかなければなりません。

最近はどの業者もスプレッドが狭いので、取引条件も良くなっています。

ツールも使いやすく改良されており、モバイル環境でも取引できるようにスマートフォン向けのアプリなども用意されていて、家にいなくてもFX取引ができるようになりました。

会社の休憩時間や出勤途中にレートを見て、少しだけ取引することもできて楽しみが増えました。

口座開設の際に、キャッシュバックなどをしている業者も多く、これもお得なキャンペーンだと感じました。

沢山の業者の口座を開設して、それだけキャッシュバックを受けられますし、使いやすいツールの業者を最終的に使うのも良いのではないでしょうか。

FXの恐怖

FXの恐怖といえば、強制ロスカットでしょう。これを経験すると、FXに対する考え方が、変わると思います。強制ロスカットになると、手持ちの所持金が、半分になります。自分で逆指値を入れてストップロスにするのも一つの手段ですが、また戻るだろうと思う人も多いと思います。

強制ロスカットを防ぐ方法は、二つあります。一つは、ポジションの一部を解消する事です。もう一つの方法は、追加証拠金を入れる方法です。強制ロスカットになりそうになるのは、予想が外れた事もありますが、ポジションを持ちすぎたケースもあるでしょう。

強制ロスカットになると、それを取り返そうと思って、再び強制ロスカットになるケースが多いです。手持ち金が、半々になっていく図式です。成功したり、上手くいったりすると、ついつい気分が大きくなり、ポジションを多く持ってしまいます。強制ロスカットを防ぐ方法は、シビアなリスク管理が大切だと思います。必ずしもストップロスを設定する必要はありませんが、これもリスク管理の一つであり、強制ロスカットを防ぐ手段です。

Read More

得意のボックス相場、FXのスワップポイントは重要

得意なボックス相場以外でもFXで稼ぎたい

先月の雇用統計後くらいから、売られすぎ買われすぎのポイントを見極めてFXで逆張りトレードをしていますが案外上手くいっていて、ローソク足とテクニカルを見ているだけで反転するタイミングがおおよそわかるようになってきたといっても過言ではないかもしれません。
ローソク足の勢いとRSIを基本に目で追って、具体的な数値というものはなくて目視で直感的に判断しているのですが、今の所は大きく痛い目を見ることもなく順調に続けられていますし、過去のチャートを見ても相場にマッチした取引方法だと思います。

というのも、雇用統計後からは動きが鈍くなっていて月が替わるまでは特別大きな値動きがなくて、ボックス相場に終始していたのが逆張りに適した取引方法でラッキーだったというのもあります。
その分、月初めは大きい指標のラッシュだったせいでボックス相場を生かした取引方法は裏目に出たりもしたから、逆張りでコツコツと稼ぎつつもトレンド相場がきて手法が通じなくなっても取引を休んだり別の手法に切り替えたりして、柔軟なFXをしていこうと色々考え中です。

FXのスワップポイントは重要

FXのスワップポイントはトレードするにあたって重要なものとなっています。
長期トレードなどをするのであれば、なおさら重要なものとなっています。
FXでは外貨預金などをすることができますが、そういった外貨預金をする場合にはスワップポイントが重要となっています。
そして、オススメの通貨としては、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどがオススメとなっています。
これらの国は先進国にも関わらず、高いスワップ金利を提供しているものとなっています。
また、このスワップ金利は決まっているものになりますが、スワップポイントは業者がある程度決めることができるため、通常の額に集客のために多めにスワップを付与しているところもあるのです。
ですので、有利な外貨預金や為替トレードをしようと思う場合には、より条件の良い会社を選んでトレードするのがオススメとなっています。
条件の良いところでトレードすることができれば、安定した収入につながります。

Read More

FXって本当に勝てるのかい。

基本的なコツを抑えれば勝てる

FXには幾つか覚えておくといいことがあります。まず変動が激しくなるタイミングを見計らって取引をするということです。基本的に色んな市場が解放されてから変動することが多くなるので、そのタイミングに合わせて取引をすることで利益が増加します。変動が無い状態ではFXは利益を出せないので、このような方法で稼ぎやすい状況を作ることが必要です。次に経済指標が発表される時間を知ることです。これはFXを行う時には基本的なこととなります。経済指標の結果が良ければドルが高くなるように動きますし、そうでなければ安くなるように動きます。この情報をいち早く知ることで、勝てる要素は増えていくでしょう。経済指標は世界中に存在するということも知ってください。最後にお金を投入するタイミングです。大金を投入するタイミングを図ることも重要なので、チャートの状況をよく見て判断してください。失敗するとリスクが大きいだけに、大金は確実にこの方向へ行くという時だけ使うべきです。FXトレードのテクニカル分析FXトレードをするにあたって、テクニカル分析は非常に重要なものとなっています。何もわからないまま、闇雲のトレードするのではなく、こういったテクニカル分析などを目安にトレードうするのが、勝率を上げたり、収益を上げるコツになっています。利用しやすいテクニカル分析にはボリンジャーバンドやMACDなどがあります。1つだけの利用では信頼度もさほど高くはないので、複数のテクニカルを組み合わせて、シグナルを見るのが良いです。こういったテクニカル分析はFX会社であれば無料で見れるツールなどがあるので、そういったものを積極的に利用していくのがオススメとなっています。常にポジションを持ち続けたり、頻繁にトレードするのではなく、テクニカル分析を活用してトレードチャンスなどを見極めるのがオススメとなっています。短期トレードのスキャルピングや中長期トレードのスイングトレードなどで効率よく稼ごうと考えるのであれば、重有なものとなっています。

最近のドル円の値動きは・・

今年の2月から、ドル円があまり動いていませんよね?日足を見ても値動きが小さいし、ボリンジャーバンドや移動平均線も平行で揉み合いが続いています。こんな時は、円高か円安に動くのか分からない状態です。100円70銭ぐらいから、104円の間で動いているので、トレンドにのった取引をしているトレーダーは、ドル円で利益を出すのは難しいと思いますが、逆張りなら何とか利益を出せそうです。長い期間、101円付近で跳ね返されていますが、ここを割ったら、100円70銭、また、この価格を割ったら円高が進みそうな感じもします。日足を見ると、下落するような感じがするし、週足や月足を見ると、それほど大きく下落するような感じではないと思います。やっぱり、FX取引は、大きな時間足から見ることが大切で、月足、週足、日足と・・デイトレーダーも同じです。以前は、15分足ばかりを見て取引することが多かったんですが、よく失敗してました。その時に1時間足を見てみると、移動平均線が下向きだったり、揉み合いだったり・・これでは勝つことはできませんよね!

Read More

FXの知識を深める

外貨預金で安定所得を得る方法

外貨預金を利用すれば安定した所得を得ることが可能となっています。

そこで、外貨預金をする方法なのですが、銀行などを利用すれば外貨預金をすることができますが、銀行を利用した方法は途中で預金を解約するのが難しく、基本的には満期を待つことになります。

ですので、もっと便利なものを利用するのが良いです。

それは、FXトレードを利用した外貨預金になっています。

FXを利用したものは銀行などを利用したものよりも為替のスプレッドが狭く、レバレッジをかけることで、年間の利回りは非常に高いものになるメリットがあります。

安全のために、レバレッジなどは3倍以下に抑えることをオススメはします。

また、外貨預金でもらえるスワップポイントはFX業者によって差があるため、できるだけ高いところを探して見つけるのが良いです。

こういった会社選びでも年間の利回りや儲けなどが大きく変わってくるので、しっかりと選ぶべきです。

うまく行けば簡単に稼げるのが外貨預金なのです。

FXの魅力とは

FXの魅力は、投資家によって違うと思います。投資家によって手法も違い、スキャルピング、デイトレ、スイング、塩漬け等、全く想定スパンが違います。忙しい人は、まずスキャルピングとデイトレは、不可能です。本気でスキャルピングとかデイトレをする気なら、昼頃起きて、夜寝るといった生活をする必要があります。

一番ハイリスクハイリターンの金融商品が、先物取引だと言われていますが、それに匹敵するような金融商品が、FXだと思います。ただし、FXは、レバレッジを各自で決める事が可能です。レバレッジを高くすれば、必然的にハイリスクハイリターンになります。逆に一倍にすれば、変化を自由にさせることが出来る外貨預金です。

人間とは、欲深い生き物であり、少しの利益で満足できなくなるケースが多いです。少しの利益を上げる事は簡単ですが、より多くと思い、段々と感覚が麻痺するというかリスクオンになるケースが多いです。勿論、それで成功するケースも多いですが、ロスカットになるケースも多いです。それが、FXの魅力と言えば、魅力なんでしょうけどね。

チェックリスト作成

人それぞれトレードルールがあると思います。MAがこうなったらショートする、ニューヨーク時間のみエントリーする、など自分だけのトレードルールがいくつかあると思いますが、では毎回エントリーする前に、自分のトレードルールを確認していますか?きちんと毎回トレードする前に、自分のルールをチェックする作業をしている方は意外と少ないのではないでしょうか?10個トレードルールがあったとして、8個までは頭の中で確認したけれども、残りの2個を確認し忘れてエントリーしたあとに「しまった!このルールを確認するのを忘れた!忘れたこのルールを当てはめると、今はエントリーしてはいけないじゃん!」と、失敗をしてしまうこともあると思います。
そこで良い方法は、チェックリストを作ることです。Excelでも用紙でもよいですが、自分のトレードルールを全て書いた表を作り、エントリーする前に毎回必ずチェックリストを確認します。確認したルールにはチェックをつけ、全てにチェックし終えて初めてエントリーをします。こうすればルールが多くても、漏れがなく自分のトレードルールを現在のチャートに当てはめることができ、ミスを減らすことが出来ます。

Read More