果たしてFXの業者の方は出張をするか

金融業界の方々は、出張を行っている事があります。それも顧客の自宅に対して、出張を行うのです。

例えば、融資商品などでは出張している事がありますね。というのも顧客の中には、ちょっと延滞が発生している事もあるのです。いわゆる支払い遅れですね。

融資商品の会社としては、もちろん遅れてしまうのは大変困ります。ですので督促の為に、顧客の自宅に出張している会社もある訳ですね。代金回収の為の出張という訳です。

そうかと思えば銀行なども、たまに出張を行っているそうです。というのも銀行には書面を提出しなければなりません。その書面に不備があった時には、やむを得ず顧客の自宅に出張する場合があります。

このように金融業界の従業員の方々は、しばしば出張を行う訳ですね。そしてもちろんFXという商品も、金融業界のものです。ではその商品を提供している業者は、果たして顧客の自宅に訪問をするような事はあるのでしょうか。

まずありませんね。というのもその投資商品の場合は、基本的に出張する意味が無いからです。もしも書類に不備があった時には、再提出を依頼すれば良いだけの話です。わざわざ顧客の自宅に訪問をする必要も無い訳ですね。

またその投資商品には、ロスカットと呼ばれるシステムがあります。損失がある程度拡大しないように、自動的にそれが発動される訳です。

投資商品によっては、たまにロスカットが発生しないものもあります。それで金融会社に対する負債が発生してしまう事もあるのですね。いわゆる追証です。

ところがFXの場合は、追証が発生する事自体極めて稀です。原則としてロスカットが発動されますので、金融会社に対する負債が発生する事はほとんどない訳ですね。負債が発生しなければ、もちろん顧客の自宅に訪問をする事も無いでしょう。

ですのでFXという金融商品を提供している業者の担当者は、自宅訪問を行っていることはまず無い訳です。他の金融商品に比べると、「出張が発生しない」のがFXの特徴だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>