デュアルモニターで取引をしているプロのFXのトレーダー

FXのプロのトレーダーの方々は、独特の方法を用いている事が多々あります。個人トレーダーがあまり用いていない方法で、トレードをしているプロの方々は本当に多いと思います。

その1つはモニターです。私は以前に、あるプロのFXのトレーダーが取引をしているデスクを見た事があります。デスク自体はとてもオーソドックスなのですが、パソコンのモニターがかなり特殊だったのを記憶しています。複数のモニターを用いていたのです。1台のモニターではなく、敢えて複数です。

ではなぜ複数のモニターで取引を行っているかというと、恐らく画面の使い分けをしているのではないでしょうか。例えばモニターAに対しては、現在の資金体力を表示させます。もしくは現在保有しているポジションの状況などを、Aに表示させます。それ以外は表示させません。

そしてモニターBに対しては、チャートと呼ばれるグラフを表示させます。ただしチャートにも色々と時間軸がありますね。ここでは、モニターBには1時間足を表示させているとしましょう。そしてモニターCには4時間足を表示させて、モニターDには日足だけを表示させます。更にモニターEに対しては、ニュースの情報だけを表示させるといった具合です。

このように複数のモニターの使い分けをしているプロの方々は、非常に多いそうなのです。つまりデュアルモニターで、取引をしている訳ですね。慣れてくると、確かにその方がやりやすい一面がありますね。もしもデスクの置きスペースに余裕が有る場合には、そのやり方を試してみると良いと思うのですが。

しかし多くの方々は、それはやや困難かもしれません。ですのでFXの業者は、たまに画面分割表示の機能を提供していることがあります。モニターを4つのエリアに分割して表示させて、トレードが行いやすいようになっている訳です。もしも短期売買でFXの取引を行いたいのでしたら、そのような画面分割ができるFXの業者を利用するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>